【PHP】composer 導入手順

導入

インストール

$ brew install homebrew/php/composer

依存ファイルの作成
composerに読み込ませるモジュールは当ファイルに追記していく

#composer.json

{
  "require": {
       "読み込むモジュール名"
  }
}

読み込み

$ composer install

更新

$ composer update

オートロード

所謂 require 地獄を解消してくれる機能

├── index.php
├── composer.json
├── composer.phar
├── controllers
├── test
    └── Sample.php

読み込み対象のクラスを作成
namespaceの背定義は必須のため注意

// Sample.php
<?php

namespace Test;

class Sample {
  public function test(){
    echo 'Success';
  }
}

composer.json を編集
ここは test ディレクトリ配下のクラスを Test\クラス名 で呼び出す様に定義。

{
  "require": {
  },
  "autoload": {
    "psr-4": {
      "Test\\"      : "test/"
    }
  }
}

index.php でSampleを呼び出す。

//index.php
require_once "vendor/autoload.php";
use Test\Sample;

$sample = new Sample();
$sample->test();

以下のコマンドを実行

$ php composer.phar dump-autoload

これでディレクトリにvenderディレクトリが生成される。

├── vendor
│   ├── autoload.php
│   └── composer
│       ├── ClassLoader.php
│       ├── LICENSE
│       ├── autoload_classmap.php
│       ├── autoload_namespaces.php
│       ├── autoload_psr4.php
│       ├── autoload_real.php
│       ├── autoload_static.php
│       └── installed.json