Rails開発環境構築

事前準備

がインストール済み
ちなみに この時のRubyのバージョンは2.2。


Railsをインストール

さくっと一発

gem install rails --version 4.0.5

RailsDocumentが結構重いので割りと時間が...

インストールに成功していれば以下で確認できる。

rails -v
#Rails 4.0.5


アプリケーションを作成

とりあえず開発用のワークスペースを作成。
今回は"rails"で作成しておく。

mkdir rails
cd rails

ワークスペース内にアプリケーションを作成

rails new sampleApp

これで完成。


設定ファイルを書き換える

RailsはどこぞのSp○ingやSt○utsのような山のような設定ファイルを書く必要はない。(素晴らしい!!)
とりあえずGemfileを編集してインストールするパッケージを設定する。
今回編集したファイル内容をコメント付きで載せておく。
日本語コメントが編集した部分なので、参考にどうぞ

source 'https://rubygems.org'

# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails'
gem 'rails', '4.0.5'

# Use sqlite3 as the database for Active Record
# 編集 SQLiteのバージョンを指定 開発時のみSQLiteを使用するように変更
group :development do
  gem 'sqlite3'
end

# Use SCSS for stylesheets
# 編集 4.0.5以上なら最新版をインストール
gem 'sass-rails', '4.0.5'

# Use Uglifier as compressor for JavaScript assets
# 編集 2.1.1以上なら最新版をインストール
gem 'uglifier', '2.1.1'

# Use CoffeeScript for .js.coffee assets and views
# 編集 4.0.1以上なら最新版をインストール
gem 'coffee-rails', '4.0.1'

# See https://github.com/sstephenson/execjs#readme for more supported runtimes
# gem 'therubyracer', platforms: :ruby

# Use jquery as the JavaScript library
# 編集 Jqueryライブラリのバージョンを指定
gem 'jquery-rails' , '3.0.4'

# Turbolinks makes following links in your web application faster. Read more: https://github.com/rails/turbolinks
gem 'turbolinks'

# Build JSON APIs with ease. Read more: https://github.com/rails/jbuilder
gem 'jbuilder', '~> 1.2'

group :doc do
  # bundle exec rake doc:rails generates the API under doc/api.
  gem 'sdoc', require: false
end

# Use ActiveModel has_secure_password
# gem 'bcrypt', '~> 3.1.7'

# Use unicorn as the app server
# gem 'unicorn'

# Use Capistrano for deployment
# gem 'capistrano', group: :development

# Use debugger
# gem 'debugger', group: [:development, :test]

編集が終われば更新してインストール

bundle update
bundle install

これで準備は終了


サーバーで実行

railsでの開発ではサーバーは基本的に用意する必要はない。
コマンド一発で勝手に立ててくれる。
どこぞのSp○ingやSt○utsのように.....略

rails server
#終了時はControl + C

http://localhost:3000/ にアクセスすればOK
About your application’s environmentをクリックすれば環境が確認できたりする

以上でRailsの開発環境は構築は終了。
IDEとかはお好みでどうぞ。
自分はvimで開発しているので多分IDEの記事を書くことはないです。