専門書を買う際に気をつけること

先日、知人に専門書の選び方を聞かれたので

この際に専門書を買う際の自分の選び方を纏めておく。

 

  • 初心者の~的な本は避ける
  • サンプルコードが豊富
  • 言語仕様について詳細な説明が記載されている
  • 迷ったらO'Reilly
  • 値段は気にしない

 

初心者の~的な本は避ける

これは読み手のプログラミング経験度にもよるけど基本的には この手の本を買うのはお勧めしない。

大抵内容が薄くて中途半端な知識しか身につかない事が多く、結果的にもう一冊買うことになる。

 

サンプルコードが豊富

長々と文章で説明されるよりもコードを見たほうが理解しやすい。

ついでにサンプルコードは全て実際にコーディングすることを勧める。

少なくともサンプルコードを流し読みして身につく技術なんて存在しない。

 

言語仕様について詳細な説明が記載されている

言語仕様については詳しければ詳しいほど良い本だと言える。

仕様を理解しないままコーディングして良かったと思うことはまず無いけど

理解していて良かったと思うことは稀にある。

仕様を理解していればバグの発見も早くなるし、設計段階でバグを少なからず回避することができる。

ただ、詳細であればあるほど挫折する確率が上がるのは言うまでもない。

 

迷ったらO'Reilly

言語ごとに良書は色々とあるけど一貫して安定したクオリティを誇っている

とりあえず良書が見つからなくて困ったり、どの本の買うか迷っているならこれを買っておけば間違いない。

一冊あれば目的の言語を大体理解できる。

ただし難易度はトップクラス。

プログラム初心者がこれに手を出すと高確率で挫折することになる。

 

値段は気にしない

勿論、内容による。

ただ、良書は専門書の中でも値が張る事が多い。

専門書の平均は2000~3500円だけど5000円超えが珍しくない。

だけど情報量不足で数冊買うことになるぐらいなら値段を惜しまずに買ってしまう方が結果的に安く済む。

 

ネットで勉強は駄目なのか?

この ご時世Google先生に聞けば膨大な量のプログラムの参考サイトがヒットする。

だから本なんて買わなくても...という意見もある。

とりあえず否定はしないけど可能な限り避けた方がいい。

サイトを書いている本人の技術レベルが不明なので情報が間違っている可能性が大いにある。

もしネットで勉強したいというのなら公式ドキュメントで勉強することを勧める。

公式ドキュメントなら本より詳細で、間違いがなく、且つ最新の知識が手に入る。

ただし大抵ドキュメントは英語だし、かなり難しい説明なので公式ドキュメントで勉強するのは かなりの猛者だと言える。

 

最後に

専門書は部屋の飾りではありません。

積み上げても技術は身につきません。

そして読むものでもありません。

書くものです。