ターミナルからリクエストを送信

curl コマンドを用いて GET POST PUT DELETE を送信 $ curl -X GET REQUEST URL $ curl -X POST REQUEST URL $ curl -X DELETE REQUEST URL $ curl -X PUT REQUEST URL ….あえて書くほどでも無い気もする

【PHP】Slimフレームワーク導入時の404エラー

PHP

実装 公式の通りにindex.phpを作成 // index.php get('/hello/:name', function ($name) { echo "Hello, $name"; }); $app->run(); ユーザーディレクトリ配下で開発していたため以下にアクセス http://apache_server.localhost/application/hello/name → 404…

【PHP】composer 導入手順

PHP

導入 インストール $ brew install homebrew/php/composer 依存ファイルの作成 composerに読み込ませるモジュールは当ファイルに追記していく #composer.json { "require": { "読み込むモジュール名" } } 読み込み $ composer install 更新 $ composer updat…

Mac での LocalApacheサーバー構築

基本操作 サーバー稼働 $ apachectl start サーバー再起動 $ apachectl restart サーバー停止 $ apachectl stop ブラウザで http://localhost/ にアクセスし表示されれば成功 ユーザーディレクトリの有効化 デフォルト設定だと独自ディレクトリが読み込まれ…

Ubuntu16.04 日本語入力設定

1.im-configで入力切替 $ im-config -n fcitx2.画面右上のキーボードアイコン で「再起動」を選択 3.同じくキーボードアイコンから「設定」を選択 4.設定画面にて下記順に並び替え ・キーボード-日本語 ・Mozc

【Larabel】migration reset時に外部キー制約エラーが発生

php artisan migrate:refresh => [PDOException] SQLSTATE[23000]: Integrity constraint violation: 1217 Cannot delete or update a parent row: a foreign ke y constraint fails 外部キー制約が原因でドロップできないエラー。 対策としては一時的に外部…

【Larabel】assetの読み込みを追加

Larabelではassetはデフォルトでpublic直下を参照しているため js,cssファイルに関してはpublic直下にディレクトリを切ると良い。 $ tree public public ├── css // 追加 ├── favicon.ico ├── index.php ├── javascript // 追加 ├── robots.txt └── web.conf…

【Larabel】FormHelperの生成

今回は下記のコード中の削除リンク部分をFormHelperとしてパーツ化する。 // resources/views/books/show.blade.php @extends('layout') @section('content') {{$book->title}} {!! Form::open(['method' => 'delete', 'url' => ['books', $book->id]]) !!} <input type='submit' value='削除'>…

【Laravel】DB接続設定

MySQLをインストール brew install mysqlインストール後、ログインして新規にDBを生成。 mysql -u root -p -- 新規DB生成 CREATE DATABASE TEST_DB;今回は面倒なのでユーザーはrootを使う。 ユーザーを作りたい方は以下を.... -- ユーザーを生成し、データベ…

【JQuery】IE8対応 テーブルヘッダ固定スクリプト

$.fn.fixedTable = function(){ var $table = $(this), $thead = $table.find('thead'), $tbody = $table.find('tbody'); //元テーブル横幅保存用 var thead_cell_widthes = []; var $clone_table = $table.clone(); $clone_table.find('tbody').remove(); $…

【JavaScript】Array loop処理

Arrayオブジェクトのループ処理の種類をよく忘れるのでメモ 一つでも条件を満たすか判定 ['10','20','30'].some(function(value){ return value.match(/^1/); }) //⇒true 全ての条件を満たすかを判定 ['10','20','30'].every(function(value){ return value.…

【Rails4】オープンクラスを定義する

今回は'false' または 'true' の文字列をboolean型に変換するメソッドを実装lib/open/string.rb class String def to_bool #TRUE FALSEにも対応 esp = self.downcase return true if esp == 'true' return false if esp == 'false' raise ArgumentError.new(…

【Rails4】json_spec で JSONのテスト 及び MultiJson::ParseError対応

json_spec導入Gemfile gem 'json_spec' spec/spec_helper.rb RSpec.configure do |config| #JSON検査 config.include JsonSpec::Helpers : : 検証 以下のJSONを検証する(kaminari APIより抜粋) "meta":{"current-page":1,"next-page":2,"prev-page":null,"to…

【Rails4】kaminariをAPIで利用する

ページネーション用Gemで有名なkaminari。 ただ、使い方を調べてもAPIでの利用方法が見つからなかったので記載。前提 サンプルとしてTodoをJSONで渡すAPIを実装下記Gem導入済み ・kaminari ・active_model_serializersmodelの出力フォーマットをactive_model…

【Rails4】before_actionに引数を渡す

以下の様にbefore_actionに引数を渡した状態で定義してもエラーとなる。 before_action :test('hogehoge') これは以下の様に修正することで解決できる。 before_action -> { test('hogehoge') } フィルターを設定したい場合は以下の様に追記。 before_action…

【Rails4】Devise::MissingWarden エラーへの対処

RepecでControllerのテストを実行した際に発生。 以下エラー文Devise::MissingWarden: Devise could not find the `Warden::Proxy` instance on your request environment. Make sure that your application is loading Devise and Warden as expected and t…

【Java】SSL通信を実装する

環境 作業対象ファイル: C:\ssl JDKのパス: C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_45\bin 対象のサーバー証明書名: sample.cerkeyStore と trustStoreとは? keystore: サーバーに送信するクライアントの証明書を格納するファイル。 trustStore: クライアント側が…

【javascript】ES6で導入されたclassにクラスメソッドを実装

ES6で導入されたclass記法は元々あった擬似クラス構文のシンタックスシュガー。 そのため、ES5時代の手法が そのまま転用できる。 class Person{ constructor(){ this.name = '山田太郎' } say(){ console.log(this.name); } } 今回定義したPersonクラスにク…

【Rails4】rails_adminで楽に管理画面を作ってみた

rails_adminを追加。 gem 'rails_admin'インストール後、設定ファイル生成。 $ bundle install $ rails g rails_admin:install設定ファイルの ==Device==の項目のコメントを外す。 config/initializers/rails_admin.rb RailsAdmin.config do |config| ### Po…

【Rails4】Deviseでユーザーを楽に管理する(更新・表示編)

前回に引き続きdeviceを使い今回はユーザー情報の更新処理を実装する。まずはeditにfirst_name,last_nameを追加。 app/views/devise/registrations/edit.html.slim h2 | Edit = resource_name.to_s.humanize = form_for(resource, as: resource_name, url: r…

【Rails4】Deviseでユーザーを楽に管理する

Gemfileに追記 gem 'devise' ジェネレータでdeviseをインストール $ bundle install $ bundle exec rails g devise:installユーザテーブルを作成 $ bundle exec rails generate devise Userこれだけだと独自に設定したいフィールドを追加できないためmigrati…

Reactで日本都道府県クイズを作ってみた

完成品github.com概要 ・47都道府県からランダムに県を出題 ・同じ県は出題されない ・出題中の県は黄色、正解した県は緑、間違った県は赤で表示される ・回答時点での成果率を表示する主要構成 React React-Bootstrap Prefectly ※今回はFluxは不使用紹介 : …

macにtreeコマンドを導入してみた

ディレクトリ階層確認時に便利なので入れておく。 $ brew install treeこんな感じに使える $ tree publicpublic/ ├── bundle.js ├── bundle.js.map ├── css └── js └── app.js

browserifyをGruntで自動化してみた

前回の記事で書いたbrowserifyをGruntを使って自動化する。 ohs30359.hatenablog.comコマンドラインインターフェースをインストール $ npm install -g grunt-cliGrunt本体 npm install grunt --save-devGrunt用のbrowserifyをインストール $ npm install gru…

browserifyでモジュール管理をしてみた

browserifyをインストールとりあえずグローバルで問題無い $ npm install -g browserify読み込み対象のsample.jsを作成 var Sample = function(){ console.log('required Sample'); } module.exports = Sample; 読み込み側のmain.jsを作成 var sample = requ…

React.jsで子から親へ イベントを通知する

親コンポーネントのメソッドをコールバック実行するメソッドを 子コンポーネントのpropsに設定するればイベントの通知が可能。まずイベントを発生させる子コンポーネントを定義する。 var CommentForm = React.createClass({ clickEvent(e){ var cast_value …

Express4 & React.js 環境を構築

React.js開発環境でググるとBabelとかnpm-scriptsやら色々出てきて 軽くお試しで作るのには色々と面倒なので簡単な環境構築をする。 ※ちなみにExpress4のテンプレートを利用します。とりあえず前提条件で以下のものは導入済みのこと ・npm ・node.jsreact-to…

Mongooseのラッパーを実装

Mongooseを色々触ってDRYじゃなくなってきたので、 前回のラッパーを改修+リファクタリング。細かいところは省略してコアだけを紹介。models/models.js var mongoose = require('mongoose'), Schema = mongoose.Schema; /*--------------------------------…

Mongoose用のラッパー的なものを書いてみた

前回の記事からリファクタリングしてみた。models/models.js var mongoose = require('mongoose'), Schema = mongoose.Schema; var ModelModule = function(){}; /** * ドキュメント作成 */ ModelModule.prototype.create = function(){ var ModelSchema = n…

NodeでMongooseを使ってみた

Expressをインストール。 今回はテンプレートを利用する。 $ npm install -g express-generator続いてmongooseをインストール。 $ npm install mongoosetodo という名前でプロジェクト作成。 $ express todoプロジェクトが生成されたら今回はUser管理は使わ…